安全設計

万が一の災害に備えた設備を整える為という理由でマンションリフォームを行う人も少なくありません。先の東日本大震災では、多くの建物が倒壊、火災などに見まわれ、住宅の安全性について多くの人が見直す機会になりました。万が一の事を考えて、耐震性や免震性、防火性といった点ですぐれた構造にするためのリフォームもあります。住まいの安全性をいうのは、その住宅、建物も自体の耐震性や免震性といった事もそうですが、リフォームによって内部空間の安全性を確保する事もできるのです。

例えば、耐震性や免震性の面から有効な方法としては、マンションという建物自体にかかる負荷を少なくする方法です。建物を風雨から守っているのは屋根材です。この屋根材に、地震の力を小さくする秘密があります。重心から遠い屋根部分が軽量化されれば、揺れが起きても揺れの力が少なくなり、揺れの増幅を抑える事が出来ます。その為に、地震への対策を行うマンションリフォームにおいては軽量化された屋根材の設置などが行われます。

また、家具転倒を防ぐという方法も地震への対策として有効です。マンションの地震で、多く被害が報告されるものの中に、家屋無いでのケガがあります。倒れてきた家具の下敷きになってしまう事や、中の食器や置物が出てきてケガする報告が多いと言われています。このような屋内での地震被害を抑える為に効果的なのが、造作家具やウォークインクローゼットなどのような収納設備です。収納棚をビスでしっかり固定するといった方法や、壁面固定するタイプのクローゼットなどがあれば、収納物が落ちてきてケガする事や、家具によって避難経路が塞がれるといった危険も軽減します。

また、火災への安全対策を行うマンションリフォームとしては、建材が挙げられます。建材には不燃や準不燃といった表示がされているので、それを見て、耐火性に優れたものを選ぶ必要があります。