バリアフリー化

マンションはずっと住み続けるものです。いつまでも暮らしやすい我が家である為に、マンションリフォームではバリアフリー化への取り組みも行なっています。お風呂やトイレ、また車いすを利用する事になった場合、段差の解消はもちろん、広いスペースが必要となる箇所があります。元気な内に、備えたリフォームを行う事が必要です。

お風呂に入るのは、お年寄りにとって一仕事です。一日の疲れを癒すリラックスタイムとしてお風呂を楽しむ人も多いですが、身体が思い通りに動かない状態になると、お風呂は大変な作業なのです。まず浴室に段差があるか、もし足腰が弱った場合、今のシャワーや蛇口の位置は不都合がないか、確認する事が必要です。将来に渡って使いやすいお風呂にする為には、時には浴室を丸々改造する事が必要となる場合があります。しかしお風呂は家の中でも大切な場所なので、納得のいくリフォームを行う事が大切です。

トイレはバリアフリー化のリフォームの中で最も人気のあるものです。トイレは毎日必ず行く場所なので、段差はもちろんの事、手洗い場などにも取手を付けておくなどの配慮が求められます。また、合わせてウォシュレット機能などをつけておくのも良いと言われています。

車いすなどを使って生活する際に需要になるのはスペースです。例えば、玄関などは広めにとっておくのが良いと言われています。フローリングに関しても、車いすだと傷つける事が多いので、丈夫で傷の付きにくいものへ変えるリフォームも人気です。マンションリフォームではその他にも、キッチンの収納を昇降出来るタイプにして、高い所のスペースを有効に使う事や、足元を照らす照明を設置するなどの方法があります。