管理人の許可を得る

マンションリフォームの特徴として、実は住んでいる場所でも、リフォーム出来ない箇所がある場合があるのです。意外に思う人も多いでしょうが、マンションリフォームにおいての意外な落とし穴はフローリングにあります。フローリングは、リフォームの中では、手軽に内装の雰囲気を変える事の出来る人気の方法です。しかし、マンションの中には、フローリングのリフォームが禁止されている場合や、もし可能だとしても、遮音等級を指定された材質で行わないといけない場合などがあります。古いマンションだと十分な防音対策が取られておらず、床材の変更にともなって騒音トラブルが起こる場合もあります。

リフォームでのトラブルを避ける為には、事前に管理規約や使用細則と呼ばれるマンション管理についてのルールを確認する必要があります。また、リフォームをこの2つには、マンションについての詳細とともに、リフォームについての可否や詳細が記載されているものです。管理規約とは、区分所有に関する事や管理組合の運営について書かれたものです。使用細則は、入居者の愛さでの細かいルールなどが書いてあります。マンションの中には、住居者間のトラブルを未然に防ぐ為に、定期的に更新する場合があるので、この管理規約と使用細則は最新のものであるかどうかの確認も必要です。更に、リフォームをする際は管理組合に申請しなければならない場合もあります。その為、リフォーム前には前もって情報を得ておく必要があります。